複合材料の改良された製造方法及び製造装置

Abstract

本発明は、少なくともツールの一部を乾燥織布強化材で覆うステップと、乾燥織布強化材及びツールを入れた真空バッグを密封するステップと、真空バッグの内部の圧力が真空バッグの外部の圧力よりも低くなるように、真空バッグの内部と外部との間に圧力差を生じさせるステップと、樹脂を乾燥織布強化材に含浸させるステップと、樹脂を硬化させるステップと、を含む複合材料の製造方法に関する。本発明はまた、本方法に従って複合材料を製造する装置に関する。 【選択図】図2

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (6)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2000238140-ASeptember 05, 2000Toray Ind Inc, 東レ株式会社Frp筒状体およびその製造方法
      JP-2003042056-AFebruary 13, 2003Fuji Heavy Ind Ltd, 富士重工業株式会社Method of manufacturing component for wind power generation device
      JP-2008018624-AJanuary 31, 2008Toray Ind Inc, 東レ株式会社Method and apparatus for molding vacuum bag
      JP-H04232705-AAugust 21, 1992Advanced Plast PartnershipProcess for core removal from molded product
      JP-S5856823-AApril 04, 1983Kawasaki Heavy Ind LtdProduction of structure of composite material
      US-2007221322-A1September 27, 2007Saab AbMethod of manufacturing an integral article comprising a fiber-reinforced composite material, and a tool assembly for making the same

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle