ヨウ素放射性標識法

Abstract

本発明は、関心のある生体ターゲティング分子(BTM)を放射性ヨウ素で標識する新規方法を提供する。また、本方法を用いて調製した新規放射性ヨウ素化BTM並びにかかる放射性ヨウ素化BTMを含む放射性医薬組成物も提供する。本発明はまた、本方法に有用な、放射性ヨウ素化中間体並びに放射性ヨウ素化BTMを用いるインビボイメージング法も提供する。 【選択図】 なし

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (4)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2008528445-AJuly 31, 2008ハマースミス・イメイネット・リミテッドHammersmith Imanet Ltd放射性標識法
      JP-2009541286-ANovember 26, 2009ハマースミス・イメイネット・リミテッドHammersmith Imanet Ltd化学的方法及び装置
      JP-2009541288-ANovember 26, 2009ハマースミス・イメイネット・リミテッドHammersmith Imanet Ltd放射性標識方法
      WO-2008131148-A1October 30, 2008The Trustees Of The University Of PennsylvaniaDiphenyl-heteroaryl derivatives and their use for binding and imaging amyloid plaques

    NO-Patent Citations (2)

      Title
      JPN6014052612; Journal of Medicinal Chemistry 50, 2007, 3380-3387
      JPN6014052614; ChemBioChem 10(7), 20090331, 1149-1151

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle